【Hender Scheme/wallet】ミニマルだけど癖のあるミニウォレット【レビュー】

【Hender Scheme/wallet】ミニマルだけど癖のあるミニウォレット【レビュー】

どうも皆さんおはこんばんにちは,ドルです.

昨年キャッシュレス化に伴い財布を小さくしました.

乗り換え先として選んだのはこちらHender Schemeのwallet

実際に1年ほど使用したのでいい所や気になる箇所なんかも色々と分かったのでレビューしていきたいと思います.

定番品ですが,毎シーズン品切れになっており気になる方も多いと思いますのでサイズ感や使用感など参考にしていってください.

Advertisement

デザイン

一番の購入の決め手はやっぱりこのデザインですね.

さすがは今を時めく革小物ブランドHender Scheme.

他のブランドでは全く見かけない丸みを持たせた面白いデザインになっています.

マルジェラやギャルソンなんかのミニウォレットも検討しましたが,個人的には一番カッコかわいい.

実際にお会計する際に友人や店員さんに褒められることもしばしばありましたね.

内側に小さく「Hender Scheme」とプリントされているだけなので,マルジェラみたいに一目で「あっ!それマルジェラだ!」ってならない匿名性があるところもまたいい...

収納力

札入れ

お札の収容力は10枚程度が限度ですね.

それ以上入れると出し入れに引っ掛かりを感じるようになります.

Advertisement

小銭入れ

小銭は意外と入りますが,あまり入れすぎるとポテッとしてしまうので15枚ぐらいが限度ですね.

あんまり入れすぎるとボタンの雄側と雌側がずれてしまいます.

お会計の時にはポケットから小銭を滑らせて手前のフラップまで出す面白いギミックです.

カード入れ

カード入れは2か所あり,手前側にはよく使うカードを入れています.

収納力としてはクレジットカード程度の厚みだと手前が2~3枚,メインポケットが4~5枚程度でしょうか.

見た目の割にはよく入ります.

使い勝手

1年間使ってみた感想としては,正直中途半端ですね.

現金もぼちぼち使う方には使いづらく,完全キャッシュレス化すると片手サイズですが他のミニウォレットより大きくかさばる点が気になります.

 

あとは特に小銭入れが超使いづらいですね.(´ཀ`」∠)

一応じゃらじゃら―と滑り止めまで中身を滑らせて,つまんで出すっていう想定になっているとは思うのですが

想像以上にこの作業がやりづらく,時間がかかります.(店員さんの苦笑いをよくもらいます)

中身が一目で把握できないので,「小銭じゃらじゃらー」→「つまんで出す」→「足りないことに途中で気づく」ということもしばしば.

 

カードと札入れについては文句は特にないですね.

出し入れもミニウォレットとしてはそれなりにしやすいですし,お札を折る必要もないので(‘ω’).

まとめ

さすがはHender Scheme.デザインはミニウォレット界でも差別化されていて,所有欲を満たしてくれます.

ただデザインが気に入ったとしても小銭の使い勝手には難ありなので購入時にはそこだけ確認していただきたいですね.

 

ほぼ完全にキャッシュレス化した僕には中途半端に感じてしまいましたが「基本はクレジット・電子マネーだけど現金を使う機会もちょくちょくある」っていうキャッシュレス移行期間の方は候補の1つとしてぜひ検討してみてください.

 

最後までお読みいただきありがとうございました.(・ω・)ノ

Advertisement